Category Archives: 会員医科情報

医科社保Q&A1/25(会員専用)

Q:在宅中心静脈栄養法指導管理料を算定している患者に対し、輸液セットを院外処方せんで出せますか。

A:1月につき6組目までは輸液セット加算で算定します。7組目以降は特定保険医療材料として使用したものを算定するため、院外処方せんで出すことができます。

 

Posted in 一般社保, 会員医科情報 | Leave a comment

医科社保Q&A11/25(会員専用)

Q:月途中で在宅がん医療総合診療料の算定に切り替えることになりました。算定前に行った悪性腫瘍特異物質治療管理料は算定できますか。

A:算定できます。

 

Posted in 一般社保, 会員医科情報 | Leave a comment

医科社保Q&A10/25(会員専用)

Q:抗てんかん剤の薬剤変更をした場合、特定薬剤治療管理料の初回月加算は算定できますか。

A:薬剤変更の場合、初回月加算は算定できません。

 

Posted in 一般社保, 会員医科情報 | Leave a comment

医科社保Q&A9/25(会員専用)

Q:要支援認定を受けている患者に対し、訪問リハビリを行いたいです。在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料を算定できますか。

A:当該管理料は、要介護・要支援認定を受けていない患者に対して算定します。要介護・要支援認定患者への訪問リハビリは原則介護保険で実施します。ただし、急性増悪等によりバーセル指数又はFIMが5点以上悪化し、一時的に頻回の訪問リハを行う旨の指示を行った場合は、6月に1回に限り、その診療の日から14日までの間、1日4単位を限度に医療保険の訪問リハが算定できます。

 

Posted in 一般社保, 会員医科情報 | Leave a comment

医科社保Q&A8/25(会員専用)

Q:同一患家の2人を訪問診療した場合、在宅時医学総合管理料はどの区分の点数を算定できますか。

A:「単一建物診療患者1人の場合」の点数を算定します。なお、摘要欄に「同一患家」とのコメント記載が必要です。

 

Posted in 一般社保, 会員医科情報 | Leave a comment