Category Archives: 理事長挨拶

2017年11月

(2017年11月)
診療報酬・介護報酬の引き上げを求めます
理事長 井上 博之

 来年4月からの診療報酬・介護報酬同時改定をめぐって、重要な動きが出てきました。10月25日、財務省の財政制度等審議会が、診療報酬を2%台半ば引き下げるよう提案しました。特に診療報酬本体のマイナス改定を求めている点に注意が必要です。同時に、介護報酬もマイナス改定とするよう求めました。安倍政権下で進められる社会保障費圧縮路線に沿った提言です。
 「医師の技術料は上げられません」「医療従事者や介護職員の給料を下げなさい」と言っているようなものです。「医療崩壊」が叫ばれたのは、2002年の診療報酬マイナス改定の頃からです。その後の改定ではマイナスを取り戻すには至っていません。累計では、実質10%以上のマイナスとなっています。そして、今も「医療崩壊」が指摘されています。
 また、介護の現場も、人手不足と過重労働が深刻です。施設はあっても稼働できず、要介護者の利用に支障が出ています。
 こういう現場の実情に沿った国の改善策を求めます。財政ありきで始まるのではなく、医療と介護の向上をめざして欲しいのです。
 私たちの要求は次の通りです。

国民に安全、安心で、必要な医療を提供するため、診療報酬を、技術料を中心に、医科・歯科とも10%以上引き上げること。
新たな患者負担増の計画は中止し、患者窓口負担を軽減すること。

 これらを求めて、会員の要請署名を集め、各大臣や国会議員に要請する予定です。私たちは、経済的な理由で必要な受診を諦めている患者さんを見ています。私たちは、私たちのためだけでなく、患者さんが安心して受診できる医療を求めています。皆さんと力を合わせて、要求実現に結び付けたいと考えています。

Posted in 理事長挨拶 | Leave a comment

2017年10月

(2017年10月)
衆議院選挙にあたって
理事長 井上 博之

 9月28日、衆議院が臨時国会の冒頭に解散され、10月10日公示で総選挙が行われることになりました。安倍首相は自ら「国難突破解散」と名付けましたが、どうもこじつけのような気がします。
 国政に関心を寄せる方なら、誰もが「森友・加計疑惑隠し解散」ではないかと思うのではないでしょうか。そういう点から「自己保身解散」「自己都合解散」という呼び名も的を得ています。憲法改正をめざしているのに、そのことに触れずに解散したのは、「本音隠し解散」「目くらまし解散」ともいえます。私たち国民に、まやかしを見破る目を持つことを求めているように感じます。
 いずれにしろ、選挙となった以上、意味のある選挙になることを期待せざるを得ません。宮城県保険医協会として、とりわけ、2年後に予定される消費税の10%への増税問題もある中、社会保障をめぐるまともな政策論議が進むことを求めます。
 いま、社会保障財源をめぐる本格的な議論が必要です。アベノミクスで景気回復ができなかったことは誰の目にも明らかです。医療においては、患者負担増計画の推進など、これまで続けられてきた社会保障費削減路線が良かったのか、国民生活の現実を見定めながら審判が求められています。
安定した雇用の実現こそ景気回復の基礎です。さらに、社会保障の充実でくらしの安心が得られてこそ景気回復につながります。当会や保団連が求めてきたように、患者窓口負担を大幅に軽減する方向へ、大胆に転換させることなどが求められています。こういうことを含め、国家財政のあり方の基本が問われるべきだと思います。
 さらに、原発再稼働の是非や、憲法9条改正論議、核兵器禁止条約批准の検討が進むことも期待します。
 当会は、今回の衆議院選挙にあたっても、重点要求を提示し、各候補者へのアンケートを実施します。回答は協会紙や当ホームページに掲載し、会員をはじめ広く有権者に判断材料を提供します。少しでも有意義な選挙となるよう努力したいと思います。

Posted in 理事長挨拶 | Leave a comment

2017年9月

(2017年9月)
県知事選挙にあたって
理事長 井上 博之
 来月5日告示、22日投開票で宮城県知事選挙が行われます。今回の選挙にあたって、宮城県保険医協会は、これまで以上に強い関心を持って臨みます。
 地方自治法の第一条には、「地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。」とあります。
 住民の福祉増進こそが第一と定められています。残念ながら、宮城県政は、この法律に忠実な地方自治体になっているとは言えないようです。
 東日本大震災からの復興にあたり、被災者に対する県の施策はどうだったでしょうか。被災者の医療費窓口負担免除は、宮城県では無慈悲にも、ごく一部の被災者を除き打ち切られてしまいました。岩手県では、打ち切られることなく免除制度が継続されています。
 無理やり二次医療圏を広域化してしまった、県の地域医療構想は住民の福祉が十分考慮されたものだったでしょうか。また、来年度から国保が県単位化されますが、県民の心配の声に応えることなく、未だに保険料(税)がどうなるのかも示されていません。
 今の宮城県政は、典型的なトップダウンの政治になっています。福島第一原発事故による放射能汚染ゴミ処理をめぐっては、その強引な手法に対して、当該地域住民の大いなる反発を招きました。女川原発再稼働や仙台石炭火力発電所の問題では、宮城県には県民の健康を守る姿勢をしっかり貫いてほしいと思います。
 今回の選挙を通じて、宮城県政が大きく変わることを期待します。7月の仙台市長選挙では、市民連合が市民による市民のための市長実現に向けて力を発揮し、郡和子市長を誕生させました。
 今後、県知事選挙をめぐっても、このような運動が起こりつつあることを注視していきます。より良い宮城県政実現のため、宮城県保険医協会としては、会員並びに県民の選択に役立つよう、候補者アンケートの実施と公開などの運動を進めていきたいと考えています。広範な県民とともに、県民本位の県政実現めざして力を注ぎます。

Posted in 理事長挨拶 | Leave a comment

2017年8月

(2017年8月)
仙台市長選挙の結果を活かします
理事長 井上 博之
 7月23日、郡和子仙台市長誕生が決まりました。氏が掲げられた「市民とともに『いのち』を守る。市民の力で『仙みらい台』を創る。」を基本とした政策の実行を期待します。新しく生まれた有利な条件を活かすべく、今後当会は、仙台市政に対する要望についても検討し、市民の声を市長に届ける活動などに積極的に取り組みたいと思います。
 今回の選挙にあたり、当会は仙台市政への要求項目をまとめ、候補者アンケートを実施するなど、初めて仙台市長選挙に取り組みました。
 6月下旬に「郡和子の会」会長と郡和子氏より推薦のお願いの文書を受けました。衆議院議員として郡和子氏には、その在任中常に、当会の国会要請や政策懇話会に際してあたたかい対応をしていただきました。信頼できる国会議員として高く評価してきました。そのようないきさつから郡和子氏を推薦したいとの声は強かったのですが、「会員の思想、信条、政治活動を保障する」との当会の基本方針を最優先に判断し、機関決定による推薦は行いませんでした。そこで、郡和子氏の当選を願う役員を中心に「有志の会」を結成し応援しました。
 この選挙結果は、10月に行われる県知事選挙に大きな影響を与えることになりそうです。来年度から始まる国保の都道府県単位化が、保険料値上げや国の「医療費適正化計画」を推進するものになってはいけません。その大事な時期に、県民本位の宮城県政が実現するよう努力します。地方自治体が地域住民の生活や権利を守る本来の役割を発揮できるよう、まず仙台市から「市民協働のまちづくり」(郡和子氏公約)に向け、新しい変化がもたらされることを願っています。
 当会もまた、市民とともに「いのち」を守る取り組みを強めていきたいと考えています。

Posted in 理事長挨拶 | Leave a comment

2017年7月

(2017年7月)
歯科請願署名への協力をお願いします
理事長 井上 博之
 地域の方々と話していると、「歯医者にかかりたいけどお金がかかるのが心配だ」「保険の効かない歯の治療がいろいろあって困る」といった本音が飛び出したりすることがあります。
 宮城県では、東日本大震災被災者の医療費窓口負担免除が実施されたとき、被災者はいの一番に歯科医院へ駆け込んだことで、日ごろ歯科受診を控えていた県民が多くおられたことが明らかになりました。「窓口でお金を払わなくていい」ということを知った被災者は、日ごろから我慢していた歯科受診へ走りました。歯科患者さんにとって、窓口負担が重くのしかかっていたのでしょう。
 この同じ傾向が、熊本地震の後医療費負担免除が行われている、熊本県の医療費データでも示されています。「お金の心配なしに歯科受診したい」は広範な国民の要求になっていることがうかがえます。
 当協会は、2年前にも同様の請願署名にとりくみました。その時に協力いただいた方には、「前回の署名のおかげで保険適用になった歯科治療がありました」とご報告しますとともに、今回の署名へもご協力をお願いします。
 私は、歯科訪問診療専任ですから、日ごろ介護関係の方々との交流があります。いま介護分野では、口腔ケアや歯科治療に対して大いなる関心が持たれています。「歯科は大事だ」という声が高まっています。こういう場でも、今回の署名運動への協力を得たいと考えています。
 切実な国民の思いを形にして国会へ提出することで、私たちの要求実現に向けて歩を進めていきたいと思います。
請願項目は次の3つです。

お金の心配をせず、歯科治療が受けられるよう、窓口負担を軽減して下さい。
保険のきく歯科治療を増やして下さい。
歯科医療にかかる国の予算を増やして下さい。

ご協力よろしくお願いいたします。

Posted in 理事長挨拶 | Leave a comment