2021年3月 理事長挨拶


(2021年3月)

窓口負担2倍化は何としても撤回させましょう


 昨年から、政府・与党は、75歳以上の医療費窓口負担を2割にする方針で突っ走ってきました。年収200万円以上の後期高齢者に限定することで、何とか与党内の調整を図ってきました。
 2月5日には、これを他の法案とまとめ、医療制度改革関連法案として閣議決定しました。今通常国会での成立を狙っています。
 コロナ禍で国民の多くが苦しんでいるときに、このような無慈悲な施策を押し通そうとしていることに、満身の怒りをもって抗議いたします。
 コロナ禍での受診抑制もまだ続いているときに、さらに受診抑制を上乗せしようとしています。この動きは何としても止めなければと強く思います。
 当会は、昨年から、「クイズで考える私たちの医療」に取り組んできました。多数の応募者から、意見を書き込んだハガキが届きました。その中から代表的な意見を紹介します。
 「私達老人にとっていつまで健康でいられるのか、そしてコロナ禍で生活が不安な中で医療費窓口負担が2割になるのは長生きへの罰則なのでしょうか。納得できません。」(70代)
 「私の家には60歳以上が3人、10歳以下の子が3人います。医療や介護の負担増には反対です。私たち夫婦でどれだけ稼げばいいのか将来が不安です。」(30代)
 75歳以上の当事者だけでなく、現役世代の人たちをも不安に陥れる、最悪の社会保障破壊政策です。
 この流れを阻止するために、国会議員に対して要請を行いました。また、新たに衆参両院議長に対する「75歳以上医療費窓口負担2割化撤回を求める請願署名」に取り組んでいます。ご協力いただければ幸いです。
 皆様と力を合わせて、無謀な医療費負担増を止めさせるため最大限の努力をいたします。

 

This entry was posted in 理事長挨拶. Bookmark the permalink.

Comments are closed.