宮城県保険医協会 第47回定期総会決議


 

決   議

 政府による社会保障軽視と医療費抑制策は、地域住民の命と健康を脅かすと共に深刻な貧困と格差を引き起こしている。入院から在宅医療への強引な誘導など低コスト医療体制への転換や新たな患者負担増と給付の削減も、国民から医療を遠ざけ、患者の重症化を深刻化させるものである。

 十分な審議なく医療・介護関連法の改悪を続ける政権の姿は、国民の生活と将来を脅かし、誰でもどこでも安心して受けられる医療の拡充を求めてきた私たちの努力を無にするものにほかならない。

 本総会にあたり、医療の第一線を担う我々は、日々、診療の充実に力を尽くすとともに、広範な人々と協力、共同し、以下の要求実現に向け取り組むことを表明する。

一、新たな患者負担増など医療制度改悪をやめること。

一、診療報酬の不合理を正し抜本的に引き上げるとともに、すべての患者窓口負担割合を大幅に引き下げること。

一、医師、歯科医師の裁量権を尊重した審査、行政手続法に則った指導、監査とすること。

一、消費税増税を中止し、医療にはゼロ税率を適用すること。

一、被災者の医療費一部負担金免除継続・再開をはじめ健康維持、生活再建への責任を果たすこと。東日本大震災を教訓とし、被災者および被災医療機関等への公的支援制度を確立・拡充すること。

一、人権尊重、平和主義、民主主義に基づく日本国憲法を遵守すること。

一、原発事故を二度と繰り返さないため、女川原発をはじめすべての原発を廃炉とし、再生可能エネルギー政策へ抜本的に転換すること。

以上、決議する。

2017年5月27日
宮城県保険医協会第47回定期総会

 

This entry was posted in 決議・声明. Bookmark the permalink.

Comments are closed.