「保険で良い歯科医療」の実現を求める請願署名にご協力をお願いします


 当会は、6000筆の集約を目標に「保険で良い歯科医療」の実現を求める請願署名に取り組んでいます。署名の請願項目は「お金の心配をせず、歯科医療が受けられるよう、窓口負担を軽減してください」「保険のきく歯科治療を増やしてください」「歯科医療にかかる国の予算を増やしてください」の3項目です。署名用紙は以下の署名用紙の画像をクリックするとダウンロードいただけます。ご協力をお願いします。リーフレットもご覧ください。

17歯科署名5名連記 裏 SKMBT_C36017062216310

◆期間:一次締切   9月30日  最終締切   11月16日

◆対象:年齢、性別、居住地、患者本人、家族に関わらず、どなたでも署名いただけます。広く協力をお願いいたします。

◆返送:返信用封筒をお送りしますのでご連絡ください。

◆署名用紙や宣伝リーフレットの送付が必要な場合は事務局までご連絡ください。

歯科請願署名を拡げましょう

理事長 井上 博之

 1面井上博之理事長地域の方々の本音が聞ける場にいると、「お金の心配なしに歯医者にかかりたい」「保険でどんな治療も受けられるようにして欲しい」という意見が飛び出します。
それが現実であることは、東日本大震災被災者の医療費窓口負担免除が実施されたとき、被災者はいの一番に歯科医院へ駆け込んだことで証明されました。宮城県内で広く見られたように、「窓口でお金を払わなくていい」ということを知った被災者は、日ごろから受診できず気がかりだった歯科受診へ走ったのです。
これと同じ傾向が、熊本地震の後、医療費負担免除が行われている熊本県の医療費データでも示されています。「お金の心配なしに歯科受診したい」は広範な国民の要求になっていることがうかがえます。
2年前にも同様の請願署名に取り組みました。その時に協力いただいた方にも、もう一度署名をお願いしてみようと思います。「前回の署名のおかげで保険適用になった歯科治療がありました」と報告しながら、さらなる協力をお願いしてみます。
私は、歯科訪問診療専任ですから、日ごろ介護関係の方々との交流があります。介護分野では、口腔ケアや歯科治療に対する関心が高まっています。「歯科は大事だ」と思っている介護者は多くいます。署名運動への取り組みで、いっそうその思いを高めていただけるのではないかと期待しています。
国民の思いを形にして国会へ提出することで、私たちの要求実現に向けて歩を進めていきましょう。

 

保険で良い歯科医療を!!
請願署名のお願い

副理事長 上原 忍

1面上原忍 保険で良い歯科医療の実現を求める国会への請願署名がスタートしました。診療報酬改定を機会として、2年に一度皆様から署名をいただいております。
「保険で良い歯科医療を」全国連絡会は、2007年度以降、これまでに総計で143万筆を越える請願署名を集め、多くの衆参国会議員の紹介を経て、国会へ提出することができました。歯科単独の署名としては、最大規模です。結果として、歯科診療報酬の改善や保険給付の一部拡大等に貢献しています。来年の診療報酬改定に向けて、今回は、全国で50万筆を目標に掲げております。
我が国においては、昨今、子どもの貧困という話題に象徴されますように格差社会が明確化してきており、子どもから老人まで、経済的理由での未受診の拡大は、大きな社会問題となっています。また、以前から言われている通り、保険給付範囲の制限は、受診の抑制を助長します。さらに、長年の国の医療費抑制策により、歯科医院経営の低迷状態が続いており、コデンタルスタッフである歯科技工士や歯科衛生士への低評価にも繋がっています。以上が請願項目の主な理由となっておりますが、いずれも根本的かつ緊急な対応が必要な時期に来ております。
今回は、5名連記以外に1名書きの署名もあります。各先生方からの直接のご署名を一枚でも多くいただければ、本当に心強い限りです。最後になりますが、皆様のご署名のご協力を切にお願いし、保険で良い歯科医療の実現を心より祈念する次第です。

 

保険で良い歯科医療の実現を
請願署名にご協力ください

副理事長 杉目 博厚

1面杉目博厚 国会請願署名とはそもそもどのような意味があるのかと疑問をお持ちの皆様もおられるかと思いますので、少し触れさせていただきます。「請願」とは我々国民が政治に参加する憲法に定められている権利の一つです。紹介議員を通じこの請願が国会に提出されれば、必ず関連する委員会でその内容が審議され、採択されれば国会の責任で行政(政府)に実行を求める義務が生じます。
これまでも、医療や教育などの分野で、請願署名をきっかけに実現した制度が数多くあります。1993年に運動のピークを迎えた「保険で良い入れ歯を請願署名」では全国で多くの署名を集め、翌94年次改定では総義歯の点数が引き上げられました。
さて今回の請願署名は、我々歯科医療従事者にとっても、患者である国民にとっても共感・共有できる内容の署名です。我々歯科医療従事者にとっては、日常診療のほとんどが外科的処置の連続であるにもかかわらず、不当ともいえるほどの低い技術料に苦しみ、そのコストとはかけ離れた低い点数の中で、必死に国民の口腔の健康を守り続けている現状です。
我々が要求する歯科医療に関わる国の予算増額要求は、正当に歯科医療を評価してほしいという、ごく当たり前の要求です。しかしその一方、点数が上がれば患者さんの窓口負担が上がります。現行の3割負担は既に国民皆保険の体をなしていないという意見もあります。
我々の歯科医療技術の正当な評価と同時に、患者窓口負担の軽減、新しい歯科の技術を医科並に保険に導入してくださいという、ごくごく当たり前のまっとうな要求であるこの署名を、より多く集めるためにお力をおかし頂きますよう重ねてお願いいたします。国民の命と健康、生活を守る社会保障費が増えることを「悪」であるという理論に正当性があるのでしょうか? 税の使い道は間違っていないのでしょうか? 法人税はなぜ引き下げられるのでしょうか? 何か変ではありませんか?

 

保険で良い歯科医療の実現を求める請願署名
是非ともご協力お願いします

理事 郷家 道彦

171025郷家道彦 私たち歯科医が日々の診療の中で、患者さんに「これは保険が利くんですか?」と聞かれることが多くなったような気がします。この背景にあるのは、経済的な理由ではないかと思います。患者さんが、安心して歯科医療を受けられない現状にあるのではと感じられます。
 では、私たち歯科医は、この現状をどうすれば良いか考えたときに、この声を国に伝えてみよう、働きかけてみようというのが思いでスタートしたのが、「保険で良い歯科医療の実現を求める請願署名」です。もう先生方のお手元に届いているとは思いますが、今回は全国で50万筆を目標に掲げ、まさに署名運動を行っている最中であります。この患者さんたちの声を、先生方のご協力で国会へ届けることによって、国民の皆さんが安心して保険で良い歯科医療を受けられるように、一体となって取り組んでいくこと、それが大事だと思います。
 この思いを実現できるように先生方、是非とも請願署名にご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

保険で良い歯科医療の実現を求める請願署名
2年に一度の署名です

理事 横堀 育子

 皆様、もう「保険で良い歯科医療の実現を求める請願署名」は、お済みでしょうか?
 衆院解散総選挙のため情勢が変動し、通常国会会期中に合わせて提出することになりました。
 この運動を推進している「保険で良い歯科医療を」全国連絡会は、歯科医師や歯科技工士・歯科衛生士といった歯科医療従事者のみならず、歯科医療を受ける患者さんたちとが共同で運動している団体です。それは、歯科医療が必要不可欠なものであり、それを誰もが等しく受けられるようにとの共通の願いがあるからです。
 当会が行ってきた「学校歯科治療調査」や「歯科診療報酬改定にかかる影響調査」「歯科技工に関するアンケート」等の調査結果から、経済的格差が子どもの口腔内の格差につながっている現実、長らく続いてきた低診療報酬による歯科医院経営の圧迫、歯科技工士たちの疲弊など、さまざまな問題が見えてきました。それでも、私たち歯科医療従事者は、「口腔の健康は全身の健康につながる、患者さんたちの生活を守ることにつながる」との思いから日々歯科医療に携わっています。
 署名活動は、この思いを患者さんたちに伝える良い機会です。そして、多くの署名は国を動かす力となります。一筆、一筆が力となります。どうぞ、ご協力を宜しくお願いいたします。

 

This entry was posted in 会員歯科情報, 歯科. Bookmark the permalink.

Comments are closed.