Category Archives: 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」

宮城保険医新聞7月15日(1691)号掲載(会員専用)

星の降る栗駒山麓 歯科・多賀城市 戸塚 宜子  山々が色づく頃、我が家の恒例行事に栗駒山登山がある。 栗駒山は、宮城、岩手、秋田にまたがり、9つの登山道がある。  私たちが登るのは主に、宮城県側からの場合は、東栗駒コース … Continue reading

Posted in 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」 | Leave a comment

宮城保険医新聞7月5日(1690)号掲載(会員専用)

往診車でカルデラをドライブ 内科・仙台市 中井 祐之  在宅療養支援診療所としての医師の主業務は訪問診療です。私も週4日、外来担当のない午前か午後に訪問診療に出掛けます。クリニックの伝統? で医師自ら往診車を運転します。 … Continue reading

Posted in 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」 | Leave a comment

宮城保険医新聞6月25日(1689)号掲載(会員専用)

犬と一緒 内科・加美町 大山 匡  我が家には2匹のピジョンフリーゼがいます。オスは14歳、メスは13歳のつがいですが、子どもは生んでくれませんでした。2匹とも甘えっこで、ドッグホテルにあずけると、体調を壊してしまいまし … Continue reading

Posted in 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」 | Leave a comment

宮城保険医新聞6月15日(1688)号掲載(会員専用)

乗馬について 外科・白石市 松本 純  55歳で乗馬を始めた。「馬の目に千年の歴史が映る」と何かの文章で読んでから、機会があれば乗って見たいと秘かに待っていたのが現実となった時は大変嬉しかった。クラブの中でも気性が激しく … Continue reading

Posted in 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」 | Leave a comment

宮城保険医新聞6月5日(1687)号掲載(会員専用)

カタカムナ上古代の縄文の智慧 内科・仙台市 丸山 修寛  現在、カタカムナ文明という1万先年から5500年前に栄えた文明の研究をしています。カタカムナ文明では丸と線だけからなるシンプルな文字、カタカムナ文字が使われてきま … Continue reading

Posted in 宮城保険医新聞「ほっとするコーナー」 | Leave a comment