共済制度

保険医年金
春募集の受付は終了しました
次回受付は、2019年9/1〜10/25までとなります


休業保障制度への新規加入ご希望の際はお問い合わせください。
グループ保険(新規のみ)、保険医のがん保険、医師賠償責任保険も随時申込みいただけます
メリットが大きい会員のための共済制度にご加入ください

お申込み・お問い合わせは事務局(TEL022-265-1667)まで

※ご案内している内容は、制度の概要を説明しているものです。

加入の条件、お支払いの条件等の詳細についてはパンフレット・申込用紙を必ずご確認ください。

※各種共済制度は、保険医協会会員のみが加入できる会員のための制度です。当会未入会の先生はご入会により、共済制度にご加入いただけます。

お問い合わせ MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

保険医年金   グループ生命保険   協定融資   休業保障共済保険

個人情報保護方針

 


休業保障共済保

開業医、勤務医にとって最大のリスク!
ご自身の病気やケガで診療できなくなったとき・・・
備えはできていますか?

保険医の休業対策を考えてみませんか?

パンフレットを送付しますMAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

 約7年間新規募集を停止していた休業保障制度が、2012年12月21日付けで正式に関東財務局より認可を受けました。これまでの保険医年金、グループ生命保険に加え、休業保障が再開したことで、保険医協会の共済3本柱が確立し、医業を続ける上で、会員の皆様にいっそうの安心と保障を提供できることとなりました。
 休業保障は、これまで同様、最長730日というワイドな保障も、加入時の掛け金が満期まで変わらないという優位性もそのまま引き継ぐことができました。入院はもちろん自宅療養、代診をおいても給付されます。病気やけで休業を余儀なくされることは誰にでもありうることです。そのようなとき、これほど頼りになる制度は他にありません。地域医療の守り手である保険医にとって欠かせない保障として、多くの会員の申込みをお待ちしております。

〈制度の特徴〉

・病気やけがで休業を余儀なくされたときに給付されます
・入院はもちろん、自宅療養、代診をおいても給付
・給付期間が最長730日の充実保障
・加入時の掛け金は原則満期まで変わりません
(年齢により1口月額2500円〜3700円)
・8口加入で30日間の給付を受けたときの例
自宅療養の場合144万円、入院の場合192万円
・所得補償(損保)との重複受給ができます
・加入できる年齢 満60歳未満の会員(勤務医は3口まで加入可)


詳しくは休業保障共済保険をご覧ください!


保険医年金制度

日銀マイナス金利のもとでも有位な利回りを維持し、高い評価をいただいております。

(昨年度運用実績 1.356%)

年2回のみの募集です 春4−5月(9/1加入) 秋9月−10月(1/1加入)

パンフレットを送付します→MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

わかりやすい制度、複利運用で利回りのよい積立て型年金

制度発足1968年 50年以上の実績! 全国で約5万2000人が加入

積立金1兆2000億円を超える医師、歯科医師のための大型年金です

 《予定利率1.259%+決算配当金が出れば上乗せされます

  • 種  別  拠出型企業年金保険制度
  • 加入資格  新規加入は満74歳までの保険医協会会員、増口は満79歳まで(勤務医も可)
  • 掛  金
    月払・・・1口1万円・通算30口まで加入可
    一時払・・1口50万円・1回に最高40口まで加入可
  • 受給方法
    加入5年経過すればいつでも10年、15年、20年の確定年金が受け取れます(年金受給○歳以上などの制限がありません)
  • 一時金としても一口単位で随時受け取れます
  • 万が一の場合は、ご遺族が全額受け取れます。
  • 掛金中断 ・解約 掛金中断制度があり、再開もできます(月払い)。解約は随時可能(加入期間が短い場合は元本割れとなります)。
  • リスク軽減 国内の主要な生命保険会社6社で分散して運用しています。制度発足以来、一度も給付制限などをしたことはありません。安全性、安定性、信頼性の高い長い実績のある制度です。

【受託】 大樹生命保険株式会社 明治安田生命保険相互会社 富国生命保険相互会社
日本生命保険相互会社 太陽生命保険株式会社 第一生命保険株式会社


グループ保険制度

万が一に備えて 死亡および高度障害の保障 <新規加入は随時受付中!>

宮城県グループ生命保険+東北グループ生命保険で最高8000万円の保障!!








パンフレットを送付します→MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

〈制度の特徴〉

1、手軽に加入。医師の診査不要(告知のみ)
2、割安な保険料で高額保障
3、配偶者・お子様はセット加入が可能
4、保険料は一般生命保険料控除の対象
5、1年ごとに決算。剰余があれば配当金を還元
6、自動更新、75歳まで継続可

保障内容:死亡および高度障害


※この他にも医師賠償責任保険、医師・歯科医師向けガン保険などがあります。団体扱いで割安。詳細はお問い合わせください。

MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp
16秋会員拡大月間リーフ(医賠責)


協定融資制度

開業医、勤務医にもっとも身近な融資の窓口!

いつでもご相談ください

詳しい資料は→MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

開業医向け、勤務医向け低金利!
各種融資制度が充実

◎お申し込み方法と融資条件

〈利用資格〉

・宮城県保険医協会会員
・未入会員の方は、当協会への入会申込書をご提出の上、入会と同時に申込みいただけます。

〈協定金融機関〉
・仙台銀行  東北銀行  杜の都信用金庫 仙南信用金庫

〈融資制度種類と融資対象〉・融資種類:開業医融資 勤務医融資 保険医年金融資
・融資対象:開業資金 運転資金 医療設備資金 病院
・診療所新築増改築資金  個人住宅資金 子弟教育資金 生活向上資金

アパート、駐車場等医業以外の営利事業、投機資金への利用はできません。

〈申し込み方法〉

・保険医協会又は協定融機関に備え付けの申込書にて、保険医協会事務局へお申込みください。〈保険医協会の審査と協定金融機関への推薦〉
・協会融資諮問委員会で申込書により審査を行い、協定金融機関への推薦の可否を決定します。推薦が確認された場合は融資申込書兼推薦書を先生のお手許に送付します。

〈金融機関の手続と審査〉

・融資申込書兼推薦書、関係書類を協定金融機関支店(融資窓口)にご持参ください。
・協定金融機関は提出書類、関係項目を審議のうえ融資の可否を決定します。
・申込者と協定銀行間で債権書類を取り交わしのうえ融資が実行されます。

〈融資額・金利・返済期間〉

・融資額、返済期間、金利は別表参照
・変動金利制です。仙台銀行の新長期プライムレートに対応し変動します。金融情勢の変化その他相当の理由がある場合は一般に行われる金利に変更します。

〈担 保〉

・開業医向け一般融資、勤務医向け住宅資金、1000万円以上の子弟教育資金は担保が必要です。開業医向け簡易融資、勤務医向け生活資金、子弟教育資金の1000万円以下は、原則として担保は必要ありません。

〈保証人〉

・連帯保証人1名以上 (振込口座)
・開業医向けの一般融資は協定金融機関に診療報酬振込口座の設定が必要です。社保・国保の一方か双方かの設定により金利条件が異なります。簡易融資は設定が無くても利用できますが、金利条件が異なります。
・勤務医融資は給与振込口座の設定ががなくともご利用いただけます。設定ありなしで金利条件が異なります。

〈手数料〉
所定の手数料がかかります。

◎制度の細目

■開業医向け融資(開業資金含む)

・返済方法:元金均等分割返済

〔簡易融資〕

・融資額;融資残高で1000万円まで
・担 保:原則として必要ありません
・保証人:配偶者またはそれに準ずる連帯保証人1名以上
・金利はお問い合わせください

協定融資案内

〔一般融資〕

・融資額:融資残高で1億5000万円まで
・担 保:不動産、又は有価証券
・保証人:連帯保証人1名以上
・金利はお問い合わせください

■勤務医向け融資

・融資額:住宅資金、子弟教育資金はは2500万円、生活資金は1000万円まで、いずれも融資残高で。
・返済方法:元利均等分割返済(ボーナス併用可)
・融資取扱金融機関営業区域外に転出される場合は融資残高を一括ご返済いただきます。

〔住宅資金〕

・担 保:融資金で取得する土地、建物に第一順位の根抵当権を設定します。融資金で建物を建築する場合は、その敷地を含めて第一順位の根抵当権を設定します。融資金で取得した土地に将来、建物を建築した場合は竣工次第第一位で根抵当を追加設定します。なお、住宅金融金庫など公的制度融資を併用したときはその後位順位設定可能です。
・保証人:連帯保証人1名以上 〔子弟教育資金・生活資金〕
・担 保:1000万円以上は所有不動産に根抵当権を設定します
・保証人:連帯保証人1名以上


お問い合わせはこちらまで:宮城県保険医協会事務局
仙台市青葉区本町2-1-29 仙台本町ホンマビル4階
TEL 022-265-1667 / FAX 022-265-0576
MAIL  miyagi-hok@doc-net.or.jp

SKMBT_C36017031111450

 


Comments are closed.